EPC事業

EPC事業は、太陽光及び風力発電の計画立案に基づき、用地選定後に設計(Engineering)、次に調達(Procurement)、そして建設(Construction)を、各工程が切り離されることなく、緊密な連携を保ちながら進行しなければなりません。

POWER MAX GROUPの強みを最大限に活かしながら、それをINTEGRATEするのが私たちの仕事。パワーマックスのEPC事業は、プロジェクトマネジメントを駆使することで、3つのステージの専門分野活動を有機的に統合化し、遂行することに尽きると言えます。

パワーマックスのEPC事業遂行フローは、「太陽光発電サービス遂行フロー」をご覧ください!


パワーマックスのEPC事業は、それぞれの分野で専門性を最大限発揮できるように
CO-OPERATE SYSTEMで対応いたします。
パワーマックスのEPC事業は、ドイツMKG社との合併により設立したMKG JAPANと世界で1GW以上の販売実績を誇る太陽電池モジュールのZNSHINE PV JAPAN、そして世界有数のパワコンメーカーであるファーウェイ社との協業により迅速に遂行します 。